大阪産の新種ぶどう

2014.04.11 Friday

0
    こんにちは。今日もいいお天気で気持ちいいですね。
    さてさて、7日の朝刊でうれしいニュースがありました。
    ご覧になった方も多いでしょうが、ご紹介させていただきますね。

    4/7の毎日新聞に載っていた記事です。

    先ほど、府立環境農林水産総合研究所の担当者の方と直接お話を伺うことができました。
    もうあきらめかけていた40年前に開発したぶどうに交配をかけて、
    南河内を含む府内の4か所で試験栽培を行った結果、
    見事成功してぶどうの品種登録を農林水産省に出願したということです。

    デラウエアの4倍位の大きさで種なしって!
    食べてみたいですよね!!
    食卓にお目見えするのはもう少し先になりそうですが、
    とても楽しみですよね。

    技術の進歩により、今まで無理だとあきらめていたものが、
    今後はどんどん開発されるようになると発想もふくらみますね。

    『食える農家』は地域の発展、大阪の経済の発展に欠かせません。
    2年前にも委員会質問をしていますが、今年も商労委員会で質問を行っています。
    これからもこの課題については積極的に働きかけを行ってまいります。

    南河内の農作物に高付加価値を付けて売り出す!
    市場はアジアの諸都市へ!
    現場での農業従事者のたゆまぬ努力と、環境農林水産総合研究所のみなさん方のあきらめない日々の研究など、
    それぞれの努力と成果が重なり合い今回の出願に至ったのでしょうね。

    本当にうれしいニュースでした!

    日々の活動などはフェイスブックにアップしております。
    公開範囲は「お友達」のみになっておりますので「お友達リクエスト」して下さい!

    お待ちいたしております!


     
    コメント
    コメントする