「維新政治塾」の2回目開催」

2012.04.16 Monday

0

    皆さん、こんばんは。
    早いもので4月も半ばになりました。

    先週末は第2回の「維新政治塾」でした。前回の入塾式と初回の講義では欠席者はさすがにいなかったと記憶していますが、2回目の特に私達のBクラスでは欠席者がチラホラいたようです!

    さて、今回のBクラスの講義には鈴木亘氏を講師として社会保障制度をテーマに行われました。当日の12時の受け付け時間前から受講生達が会場の前に並び始めていて意欲が感じれ私も刺激されていました。約1時間の講義の後、質疑を約30分、更に1時間で講義に対してのレポート作成、残りの1時間でオリエンテーションが当日の内容でした。

    私達チューターの役割は多岐にわたります。私達維新の選挙もそうですが原則全てが現職の政治家、維新の会の議員が行っています。(もちろん選挙には後援会やボランティアの皆さんもいらっしゃいますが)今回の維新政治塾においても同じでして、会場の設営・資料や用紙の配布・受講生の受け付け・レポートの回収など、私達で行っています。中でも私達チューターの大きな役割は受講生の評価です。この評価は「受講生評価基準」でしっかりと評価させて頂くようになっているんですが、受講中も肩肘つくは、ノートはとらず読書にふけるは、レポート回収時にはチューターに「これ」と言って片手で差出しさも取りに来てと言う人、そそくさと並べ替えた机をもとどおりにもせず帰る人など等、本当に様々?!特に現職の議員バッジを着けていらっしゃる方の態度は・・・・・・??人の評価をするのは本当にやっかいですし難しい。いかんせん私達は日頃から評価される側ですから?

    人のふり見て我が身・・・・・!!私もチューターとして現職議員として、そして人として今一度足元を見つめ直さなくてはと・・・・私も受講生の様に初心に戻って!!

    次回の3回目の維新政治塾は4月28日の土曜日に開催です。
    私自身のスキル向上もしなくては、評価される受講生もたまったもんちゃいますもんね?!

    コメント
    コメントする