「維新の志士」が増えました!!

2010.11.18 Thursday

0

     皆さん、おはようございます。

     今朝の空気の冷たさは、少々体には堪え!心を引き締めるのにはちょうどいい冷たさでした?

     さて昨日、大阪国際会議場にて「経済人・大阪維新の会」の設立総会がありました。席上我ら同士の新しい仲間(大阪維新の会の第二次立候補予定者22人が発表されました。今回も実に多彩な顔ぶれ?!

     以下、一次・二次の立候補予定者数(現職・新人合わせて)を。

    ◎大阪府議会・・・・・56人。(定数109人。過半数55人。)
    ◎大阪市議会・・・・・31人。(定数 86人。過半数44人。)
    ◎堺市議会・・・・・・・14人。(定数 52人。過半数26人。)

    上記の通りですが、まだまだ大阪市・堺市で過半数を取るべく人数に達していませんが随時予定者を追加していく予定ですので、人数的なご批判やご指摘は現時点ではお控え下さい!!

     師走は少し先。だけど何となく気忙しい日々を過ごしている私?

     今年もあとわずか?少し早いですが残りの時間も頑張らないと!

     「大阪都構想」が衛星市にもたらすメリット・デメリット?理想と現実!大阪府の解体と大阪市の解体。one osakaによる府域自治体と府民が直ちにどうなるのか?直接的に何がどう影響するのか?まだまだ私の努力不足。せめて富田林市南河内郡の皆さんには理解して頂けるよう機会ある事に説明をしなくては!

     それと、大阪都構想とはある種別立てか?リンクしてか?
     衛星市に対しての我々「大阪維新の会」の考え方や主張を早くお示ししていくための議論を急がなくては。

     今年の春から夏にかけての「大阪維新の会」の風?福島区・生野区。あの時の確かに吹いていたと感じれていた風が・・・?今は・・・?季節と共に・・・!冷たく寒くなってきたと感じるのは私だけならいいんですが!!

     もっぱら今の私は、それどころではない自分がいて?私自身にもっともっと磨きをかけなくては。
     今日で5日間同じ思いで目を覚ます?私自身がゼロから考え直さなければ?

     「鈴木憲再建プログラム」発令中!!

     

    コメント
    衛星都市の議論は難しいですね。
    大阪都の「区」で言われている
    「30万人」という規模を衛星都市に
    当てはめると市域が異常に広くなって
    かえって維新の会が目指す基礎的自治体
    の役割に程遠くなってしまわないかが
    心配です。
    数字や効率性だけではなく、コミュニティ
    や自治体の目の行き届くエリア構成について
    の議論をしっかり出来ればと思います。

    • by かうち
    • 2010/11/18 3:02 PM
    私は 1970年2月生まれで 現在 失業中で 求職中です。

    普段850円の 大阪市営地下鉄と市バスの1日乗車券が 金曜日だけ 600円ですので 金曜日は うつ病予防に 出掛けます。

    独身で 子供もいません。

    11月5日(金)に 大阪府「家庭用新エネルギー」普及啓発プロジェクトが イオンモール鶴見店で 開催されていました。
    その時 53歳の普及員が 私に 「 お母さん 」と 声を かけてきました。
    失礼ですよね。
    許せません。
    • by ふくろう
    • 2010/11/20 3:12 AM
    「ふくろうさん」、返信が遅くなりまして本当にすみません。
     70年生まれと言うことは現在40歳前後でしょうか?失業されていてお仕事を探されている。いきさつは解りませんが現在の日本・大阪が抱える最大の課題の一つが失業率の高さです。大阪の府民所得もこの10年で約45万減少しています。
    所得の減少なら少しは救われるのでしょうか?「ふくろうさん」は減少ではなく仕事に就けない訳ですから!何とかしないとダメです。本気で手を打たないと。世の中・府民国民の状態や環境を考えると私達政治家はまず自らの報酬と数を適正に減らさなくてはいけません。しかし何処の政党・誰とは言いませんが国会府会議員さんの多くはこの事には反対みたいです?
     5日のイオンモールでの事、前後の会話等が詳しく分かりませんが、確かに失礼があったと思います。老若男女に係らず配慮しながら当たり前にお声をかけさせて頂く「呼び方」はあったと思います。許せないとの事ですが声をかけたその人が軽々になのか?親しみをこめてなのか?
     私も仕事柄、多くの方々とお話しをしますから決して人事ではなく気を付けて話さなくてはと!!私にとってではなく、受け取られる方がと言う目線で話したいと思います。
     貴重なご意見ありがとうございました。
     良かったら一度連絡下さい。「ふくろうさん」で構いませんから。
    • by 鈴木憲
    • 2010/11/23 11:59 AM
    「カウチさん」返信が遅くなりました。すみませんでした。
    そうなんですよ、衛星市と大阪都構想は本当に難しいと良く指摘を頂きます!南河内のために「大阪市の解体」がなかなかリンク出来ないと指摘されます。
     今回のコメントの30万人の規模が果たして「基礎自治体」として適正かどうか?ですが、例えば運動会・文化祭等地域のイベント等に1〜2日で一人の首長が全て顔が出せる規模。行政効率・公務員の適正配置人員・収入に見合った人件費総額(議会議員含む)などを考えた場合約30万人位がベターだと考えています。府議会議員の数は住民10万人に一人が適正ではないかと!ご指摘の行政区域自体は広くなると思います。しかし、現代社会において携帯電話・パソコン等ツールは多種です。公務員にとっての区域は二の次ではないでしょうか?確かに住民さんの役所に行く距離等は少なからず影響はあると思います。面積や区域のみで基礎自治体を形成するのではなくまずは財政問題・行政効率を主眼に維新の会は考えています。基礎自治体に求める、維新の会の考えは「住民生活基盤の整備を主に都構想で拡大された果実を原資に住民の安心を支える。優しい基礎自治体」を目指しています。
     数字・効率だけではなくコミュ二ティを大切にしていきたいとの思いは私も維新の会も全く同感です。
     これからも様々な角度からご指摘・アドバイス下さいませ!(長くなってすみませんでした)
    • by 鈴木憲
    • 2010/11/23 12:28 PM
    コメントする